包茎手術クリニックおすすめ3選

  • No.02

    船橋中央クリニック

    • 手術費用手術費用:★★★★
    • 技術力技術力:★★★★★
    • 対応力対応力:★★★★★

    おすすめポイント

    術前のカウンセリングから治療、アフターケアにいたるまで経験豊富な院長が責任を持って対応。

    詳細はこちら

  • No.01

    千葉中央美容形成
    クリニック

    • 手術費用手術費用:★★★★★
    • 技術力技術力:★★★★★
    • 対応力対応力:★★★★★

    おすすめポイント

    最良のデザインを提案してくれる亀頭直下埋没法で、15年以上のキャリアを持つ院長が執刀。

    詳細はこちら

  • No.03

    共立美容外科
    千葉院

    • 手術費用手術費用:★★★★
    • 技術力技術力:★★★★
    • 対応力対応力:★★★★

    おすすめポイント

    「オリジナルマイクロカット法」という同院独自の施術法で出血や傷跡の目立ちを最小限に抑えてくれる。

    詳細はこちら

泌尿器科とクリニックの違い

このページでは、泌尿器科と、美容形成外科を始めとしたクリニックの違いについて紹介しています。

包茎手術は安さを取るか仕上がりの美しさを取るか?

包茎手術は、病院の泌尿器科、もしくは美容形成外科を始めとしたクリニック(以下「専門クリニック」)で受けることができます。

両者を比べてみると、まず泌尿器科での包茎手術は、真性包茎ならびに重度の仮性包茎・カントン包茎の場合には保険が適用されます。そのため、患者の自己負担額は1~3万円程度で済みます。

それに対して専門クリニックの場合には、それが仮性包茎であれ、カントン包茎であれ、真性包茎であれ、包茎手術には原則として保険は適用されません。ですので、施術料金は10~20万円ほどかかることになります。

専門クリニックと比べて泌尿器科の方が施術料金が安いのは事実ですが、泌尿器科で包茎手術を受けることのメリットはこれだけ。あとはすべての面において、専門クリニックの方が優れています。

両者の差がもっとも顕著なのは、包茎手術の仕上がりです。

そもそも泌尿器科での包茎手術というのは、生活に支障をきたす恐れがあると判断された場合に、治療を目的として行われます。あくまでも「治療」ですから、極端なことを言えば、治れば(=剥ければ)良いわけで、仕上がりの美しさはほとんど考慮されません。そのため「ペリカン変形」といって、手術痕がペリカンのくちばしのようにダブつくといった後遺症があらわれるケースもあります。

それに対して専門クリニック、そのなかでも美容外科を併設したタイプのクリニックの場合には、見た目の美しさを重要視しますので、自然に剥けたのと変わらない仕上がりを期待することができます。

プライバシーに対する配慮にも大きな違いがある

また、専門クリニックの方が、患者さんのプライバシーに対する配慮も徹底されています。

大抵は完全予約制になっているため、ほかの患者さんの目を気にする必要がなく、またスタッフはすべて男性というところが多いので、診察中に恥ずかしい思いをすることもありません。

一方の泌尿器科は、基本的には普通の病院と同じですので、待合室で大声で名前を呼ばれ、女性の看護士さんに問診されるなんてことも…。

どちらがおすすめかは、言うまでもありませんよね?

包茎手術を受けるのなら専門クリニック、そのなかでも美容外科的なスキルを持った専門クリニックだと仕上がりもキレイで安心です。