包茎手術クリニックおすすめ3選

  • No.02

    船橋中央クリニック

    • 手術費用手術費用:★★★★
    • 技術力技術力:★★★★★
    • 対応力対応力:★★★★★

    おすすめポイント

    術前のカウンセリングから治療、アフターケアにいたるまで経験豊富な院長が責任を持って対応。

    詳細はこちら

  • No.01

    千葉中央美容形成
    クリニック

    • 手術費用手術費用:★★★★★
    • 技術力技術力:★★★★★
    • 対応力対応力:★★★★★

    おすすめポイント

    最良のデザインを提案してくれる亀頭直下埋没法で、15年以上のキャリアを持つ院長が執刀。

    詳細はこちら

  • No.03

    共立美容外科
    千葉院

    • 手術費用手術費用:★★★★
    • 技術力技術力:★★★★
    • 対応力対応力:★★★★

    おすすめポイント

    「オリジナルマイクロカット法」という同院独自の施術法で出血や傷跡の目立ちを最小限に抑えてくれる。

    詳細はこちら

包茎手術をすべきかどうか

このページでは、「包茎手術をすべきかどうか」について、多角的に検証しています。

カントン包茎・真性包茎はマスト、仮性包茎でも手術するのがベター

「包茎手術をすべきかどうか」という問いに対する答えは、人によって本当にさまざまで、医師のなかにも「すべき」という人もいれば、「する必要はない」という人もいるくらいです。

ただし、これは仮性包茎、カントン包茎、真性包茎を含めた包茎全般に関する話で、このうちカントン包茎と真性包茎については「すべき」という意見が大勢を占めるようです。

おさらいになりますが、カントン包茎というのは包皮の出口が狭く、勃起時に亀頭を露出できない、たとえできたとしても強い締め付けを感じる包茎のことで、真性包茎というのは包皮の出口が非常に狭く、平常時でも亀頭を露出できない包茎のことを指します。

こんな状態では痛みや締め付けが気になってセックスを十分に楽しむことができませんので、パートナーの方のためにもやはり手術を積極的に検討すべきでしょう。日本の医療制度的にも、真性包茎や重度のカントン包茎の治療に際しては、保険が適用される仕組みになっています。

一方、仮性包茎については、生活に大きな支障はないという理由により「手術しない」という判断を下すのもアリだと思います。ただしその際には、包茎のデメリットについてもしっかりと考慮してから決めるようにしてください。

包茎のデメリットについては、「包茎の種類とデメリット」のページで詳しく解説していますが、精神面や健康面、さらにはセックス面など、さまざまな面に悪影響を及ぼす可能性があります。もちろん、見た目に対するコンプレックスもそのひとつです。

少しでも悩んでいるなら相談すべき

そもそも「包茎手術をすべきかどうか」で悩んでいる方というのは、「包茎は治したいが、包茎手術には抵抗がある」という方がほとんどかと思います。

そして「包茎手術に抵抗がある」理由は、それがどんな手術であるのかわからずに不安だからではないでしょうか。

もしそうであるなら、ひとりであれこれ悩んでいても決して答えは見つかりません。まずは専門のクリニックを受診して、医師に相談してみるところから始めてはいかがでしょうか?